アフターピル(緊急避妊薬)とは

ナース

緊急避妊薬(アフターピル)は、何らかの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を避けるために作られた薬です。

受精卵の着床を防ぐための中用量のピル(女性用ホルモン剤)のことです。

避妊に失敗してしまった場合、性行為後3日以内(72時間以内)であれば事後緊急避妊として産婦人科で、「アフターピル」という妊娠を回避できる薬を処方してもらえます。

アフターピル(緊急避妊薬)で助かること

人の性交は、妊娠の目的だけでなく、コミュニケーションとして行われることがあるので、妊娠を望まない場合があります。

たとえば

  • 危険日なのに、避妊をしなかった。
  • 危険日と知らずに避妊をしなかった。
  • コンドームが破損し避妊に失敗してしまった。
  • コンドーム途中で外れてしまい避妊に失敗した

など、普段の性生活の中で避妊をしなかった場合や、失敗したために起こる“望まない妊娠”を緊急避妊薬(アフターピル)によって防ぐことができます。

また、性犯罪などに巻き込まれたなど、性交の強要によって避妊ができなかったケースなども、緊急避妊薬(アフターピル)が助けになります。


アフターピル(緊急避妊薬)の飲み方

ピルを2回に分けて服用しますが、妊娠する可能性がある性交後ピル1回目を72時間以内(3日以内)、2回目を1回目の12時間後に服用します。

この72時間以内というのは、受精から着床までにかかる期間が7日間であり、それより前に生理を起こすための数値でもあります。 しかし、時間内に服用し、妊娠の成立を回避できる確率はおよそ76%から89%です。

ホルモンの投与が早いほど、効果は高くなります。 より高い効果を得るためには24時間以内に服用するのがベストです。 すぐにピルを飲むことで、なんと95%の避妊効果があるといわれています。


アフターピル(緊急避妊薬)の種類

緊急避妊薬(アフターピル)は病院で購入する方法と個人輸入で購入する方法があります。

病院で購入する場合

以前は生理不順などの治療に使うプラノバール錠(中用量ピル)が、緊急避妊ピルとして使用されていましたが、2011年5月にノルレボ錠が、正式に承認された緊急避妊薬として発売されました。

現在国内では、この2種類のアフターピルが使われています。

アフターピル(緊急避妊ピル)の緊急避妊効果(有効率)
プラノバール錠      96.8%
ノルレボ錠        98.6%

通販(個人輸入代行)で購入する場合

通販(個人輸入代行)ではノルレボ錠と同様の成分で作られたマドンナとポスティノールという緊急避妊薬(アフターピル)が人気です。

マドンナはタイのBiopharm Chemicals Co.,Ltd社で製造されています。 ノルレボ錠と同じ成分なので効果も同じく、一定時間内にホルモン剤を服用することにより、卵巣・卵管・子宮内膜に作用して、排卵・受精・着床のすべての過程において妊娠を阻止させます。

たとえ受精が起きてしまっても子宮内膜への着床をも防ぎます。かなり確実な避妊法で、失敗率は 2.5%程度であると言われています。

ポスティノールはハンガリー大手製薬会社のGEDEON RICHTER Ltd.で製造されたもので、ノルレボ錠と同じ成分でできており、さらにエチニルエストラジオール0.75mgを配合した新しい緊急避妊薬(経口避妊薬)です。

避妊手段をとらない性交後72時間以内に服用すれば、妊娠の防止を助けます。


通販(個人輸入代行)ではプライバシーも安心

中身は分からないのでプライバシーも守れます。

貨物検索があるので配送状況も確認できます。


手続きもネット通販と同じ要領で難しくありません。注文後は発送まで3回程度、確認メールがきますのでこの点も安心です。


ポスティノール

こちらのポスティノールは専門機関の成分鑑定を受けています。(ホームページで確認できます。)偽物の心配がなく安心して利用することができます。送料無料です。